ホーム | うずら日誌

うずら日誌 -uzura diary-

3月こゆかったな

before
3月も今日でおわり。
これを書いているうちに
4月になりそうだ。

振り返ると3月は
なんだかとっても濃ゆかった。

外からの刺激と内側からの思考が
ぶつかったりまざりあったりして
制作意欲がわいています。

そして3月はお客様もたくさんでした。
工房へ足を運んでいただけるということは
本当にありがたいことです。
みなさま、ありがとうございます!

after
はてさて、4月はついに展示会であります。
一緒に展示会をする、いぶきみのりさんとも
空気が重なる部分が増えてきている感じです。
がんばるぞ〜〜〜!

写真は3月の修理の中の一足。
約4年履いていただいている靴です。
傷や汚れが目立ってきたということで、
黒に染めました。
「ヤスリ→染料」を3回繰り返してから、
クリームで仕上げ。
今までとはまた違う雰囲気をたのしんでいただけるといいな。

種.2017spring
こういう靴どうかな。

そこらへんにあった紙に
高橋くんが描いた。

ふむふむ。
おもしろくなってきたぞ。

4月は西荻の『みずのそら』で展示・受注会です。

修理

Ms.Tanimura-片内羽
履かれている靴がすきだ。

しかも、その履かれた靴は自分たちが作った靴で、
その経過を手にとってみることができるなんて、
客観的に考えたらすごい素敵な仕事じゃないか!

と、改めて思ったのでした。

修理もいろんな修理があります。
うずらで勿論できるのだけど、修理専門の方が専門の機材を使って手を施したほうがいい、という内容の場合もあって、
でもうずらの靴はなるべく自分たちでやりたい、という思いもあって。。。

しかし、信頼してお願いできる方に出会いました。
うずらのミシンでは、靴になってしまった状態では縫えない(靴を分解して縫うしかない)ところのほつれを縫いなおす、という修理はこれからその方にやっていただけそうです。
とてもとてもありがたい。
すでに何足がお願いしておりますが、とてもいい仕上がりです。

こちらはまた別の話しですが、今朝お手紙が届いていて、お客様が近所の修理屋さんにうずらの靴を修理に出した際、
「とてもいい靴だね」と修理屋さんのおじさまに言われてうれしかった。ということを伝えてくれました。
我々も最高にうれしいです。

今日は修理のことをおもう日でありました。

写真の靴(片内羽)は、底のすり減り修理と中敷を新しく交換、糸のほつれはその方に縫いなおしてもらいました。
白い紙の上で写真を撮って、白黒加工したら、まるで靴が浮き出たようになりましたね。
ほぉ〜〜〜。

春がちかづいてるな〜

t-chan歩き出したよ!
のしらせが届いた。

泥んこにしながら履いて歩いてくれているそう。
うれしいな〜うれしいな〜〜

庭の梅も咲き出しているし、
なんだか春を感じますな〜

かわええの〜

ちなみにこちらの靴は
うずらのファーストシューズ(ayay-01)です〜

はじまりはじまり

ザクロ染スニーカーMr.C
製作はじまっています。

月曜だけど祭日なので隣りの学校は静か、
雨だから静か、そういう日は作れるし
頭の中もすっきりしている。し、日誌もよく書いている気がする。

今年初めの納品は、ザクロ染のスニーカー。
布の部分と、革紐をザクロ(媒染液は鉄)で染めました!
昨年秋の展示会にむけての新たな試み。太陽サンサンの時期だったな〜。革も染めてみましたが、こちらはまだまだ研究が必要。布は染める度に多少のブレはあるけれど、許容範囲(と思ってます)なので、これからも使えそう。
天然の染料を使って染めるのは初めてでしたが、風合いがとてもいいし、手間がかかる分染まったあとの喜びも大きいです。靴になってからも、うんうん、いいな、うふ、と感じる。

さて、今年はどんな年になるだろうか・・・
昨年よりも作ることに純粋に向き合って愉しめるような気がしてきました。
そして、これは作ると関係あるかどうか今はまだよくわからないのだけど、
感じる力と信じる力があれば大丈夫なんじゃないか、と思いました。
得意の抽象的発言ですが、なぜかとても腑に落ちた感覚があったので書いておこうと思います。
日誌だし。年のはじめだしね。
さてさて、はじまりはじまり〜〜ですな〜

靴の写真

ウズラタンブラー

お客さまに履いていただいているuzura靴
の写真をみなさんにみていただきやすい
ように、タンブラーにまとめてみました。
これから少しずつ増やしていきたい
と思っています。
よかったらみてみてください。

http://uzuravillage.tumblr.com

展示会等で撮らせていただいた写真を
アップさせていただいております。
撮らせてくれたみなさま、
ありがとうございました!

ありがとうございました!

antiquesふくや1『antiques+ふくや』での展示会、
無事に終えることができました。

足を運んでくれたみなさま、
一緒に展示してくれた、ふきこさん、みとまさん、
毎日おいしいご飯とたのしい時間を作ってくれた
ふくやの江口さんとなおみさんに、
こころから感謝です。
ありがとうございました!!!

展示期間中、みなさんとお話ししたこと、
その中で感じたこと、毎日自分の中をめぐりめぐっています。
まとまるのを待っていたらいつ日誌にかけるかわからん!
となったので、まずは感謝の気持ちを伝えたくて。

本当に、ありがとうございました。

展示会期間中に夏から秋になったかんじがしたのも
印象的でした〜。

いよいよ明日からです!


暑くって、本当に10月なんだか
疑いたくなりますね。。。

さてさて、いよいよ福岡の展示・受注会、
明日からスタートです!!

お誘い合わせの上、
ぜひぜひお越しくださいませ〜
毎度、展示会前はドキドキであります。
どうぞよろしくお願いいたします!

写真は、ふくやさんに分けてもらった布を使って作った
めだまのスニーカー風(白)です。
即売のサボもいろいろ作りました。
小物の種類もいつもよりあるかもかも。
会場でおまちしております!

『JAZZ』@antiques+ふくや

※展示期間中のお問い合わせメールのお返事はできない場合があるかもしれません。
遅くなってしまっても、必ずお返事しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

福岡で展示受注会です!

jazz@fukuya
10月はいよいよ福岡での展示受注会です。

うずら、12年目にして初の福岡展示会。

今回は、パンツやバッグをつくる
のなかふきこさん

ルームシューズを編んでいる
みとまえりかさん
と一緒の展示会。
なんだか楽しいことになりそうです〜

会場であります『antiques+ふくや』の江口さんから、
ある日、素敵な古布が届きました。

日時と地図
素材が素敵だと、気分も盛り上がるものです。
その布を使った靴も製作中。
どんぐりブーツやスニーカーも
少しリニューアルしましたよ!
ぜひぜひ、見に、履きに来てください!!

最終日の10日は、変則的で15〜20時でオープンします。レコードを聴きながら、きっと美味しいものが食べられるはず。
どうぞおたのしみに🎶

みなさまにお会いできるのを
たのしみにしておりまっす。

profile
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
uzura&のなかふきこ&みとまえりか
『JAZZ』

会期:2016年10月7日(金)〜10日(月)
時間:11:00~19:00 ※最終日は15:00~20:00
場所:antiques+ふくや  
住所:〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固3-9-7
電話:092-713-0481、090-2082-7958
ホームページ等はないので、何かありましたら
実店舗にお問い合わせくださいませ。

広島カープ!おめでとう!!

かーぷくん
めでたい〜〜〜!!!

カープファンの友人夫婦と
ここ数年は毎年カープ戦を応援しに行っていました。(今年だけ行っていないのだけど、、、)
我々はすごくファンというわけではないけれど
応援の歌もなんとなく歌えるし、他の球団よりも
断然身近に感じているのです。
手作りのオリジナルカープTシャツも持ってるし。

25年ぶりの優勝。
本当におめでとうございます!

写真は、数年前にご注文いただいて作ったカープシューズ!
つま先のところのボールのステッチがお気に入りです。
本番前に縫い方の研究したのを覚えてます。
中敷は履く人からみた方向のCです〜。