ホーム | うずら日誌

うずら日誌 -uzura diary-

わらおう

昨年の福岡『antiques+ふくや』での展示会で
ご注文いただいた靴の製作&納品、
真っ最中であります。

今日はふくやさんと電話。
ふくやさんのなおみさんは、でっかい声で笑う。
つられてこちらもでっかい声で笑う。
何度か笑っているうちに、
なにかを吐き出せたみたいに
すっきり元気になっていく。

「笑いのツボは何でもいいとよ。笑いましょう。」
なおみさんが言った。

なおみさん、すてきだな。

修理

Ms.Tanimura-片内羽
履かれている靴がすきだ。

しかも、その履かれた靴は自分たちが作った靴で、
その経過を手にとってみることができるなんて、
客観的に考えたらすごい素敵な仕事じゃないか!

と、改めて思ったのでした。

修理もいろんな修理があります。
うずらで勿論できるのだけど、修理専門の方が専門の機材を使って手を施したほうがいい、という内容の場合もあって、
でもうずらの靴はなるべく自分たちでやりたい、という思いもあって。。。

しかし、信頼してお願いできる方に出会いました。
うずらのミシンでは、靴になってしまった状態では縫えない(靴を分解して縫うしかない)ところのほつれを縫いなおす、という修理はこれからその方にやっていただけそうです。
とてもとてもありがたい。
すでに何足がお願いしておりますが、とてもいい仕上がりです。

こちらはまた別の話しですが、今朝お手紙が届いていて、お客様が近所の修理屋さんにうずらの靴を修理に出した際、
「とてもいい靴だね」と修理屋さんのおじさまに言われてうれしかった。ということを伝えてくれました。
我々も最高にうれしいです。

今日は修理のことをおもう日でありました。

写真の靴(片内羽)は、底のすり減り修理と中敷を新しく交換、糸のほつれはその方に縫いなおしてもらいました。
白い紙の上で写真を撮って、白黒加工したら、まるで靴が浮き出たようになりましたね。
ほぉ〜〜〜。

春がちかづいてるな〜

t-chan歩き出したよ!
のしらせが届いた。

泥んこにしながら履いて歩いてくれているそう。
うれしいな〜うれしいな〜〜

庭の梅も咲き出しているし、
なんだか春を感じますな〜

かわええの〜

ちなみにこちらの靴は
うずらのファーストシューズ(ayay-01)です〜

2月だ

ティーストラップ2月ですね。
きっと今年もあっというまに過ぎていくのだろうな〜

今年に入って、いやどうなんだろう、いつからかわからないけど
「つくる」がいい。
たのしい、くるしい、不思議、発見、
いろいろがきもちく感じられる。
そんな2月のはじめ。

写真は型紙をとる前のデザイン線の状態。
この線が数ミリ違えば、靴の表情もガラリと変わる。
かいてけしてかいてけしてかいてけして。。。。。。。

でびゅ〜

首輪の日首輪って、やっぱりしたほうがいいのかな〜
というのは、ずーっと迷っていました。
友人と猫の話をしていて、やっぱりしてみるかねぇ
と思ったのでさっそく。
どこかにひっかかっても、ひっぱったらとれるという首輪。
首輪慣れ
たびせんせ、はじめは真顔。鈴はきになるようだったのでとってみたら、まあまあいやじゃなさそうかな。
しばらくつけてみようかね。

はじまりはじまり

ザクロ染スニーカーMr.C
製作はじまっています。

月曜だけど祭日なので隣りの学校は静か、
雨だから静か、そういう日は作れるし
頭の中もすっきりしている。し、日誌もよく書いている気がする。

今年初めの納品は、ザクロ染のスニーカー。
布の部分と、革紐をザクロ(媒染液は鉄)で染めました!
昨年秋の展示会にむけての新たな試み。太陽サンサンの時期だったな〜。革も染めてみましたが、こちらはまだまだ研究が必要。布は染める度に多少のブレはあるけれど、許容範囲(と思ってます)なので、これからも使えそう。
天然の染料を使って染めるのは初めてでしたが、風合いがとてもいいし、手間がかかる分染まったあとの喜びも大きいです。靴になってからも、うんうん、いいな、うふ、と感じる。

さて、今年はどんな年になるだろうか・・・
昨年よりも作ることに純粋に向き合って愉しめるような気がしてきました。
そして、これは作ると関係あるかどうか今はまだよくわからないのだけど、
感じる力と信じる力があれば大丈夫なんじゃないか、と思いました。
得意の抽象的発言ですが、なぜかとても腑に落ちた感覚があったので書いておこうと思います。
日誌だし。年のはじめだしね。
さてさて、はじまりはじまり〜〜ですな〜

2016 to 2017

丹頂鶴みなさま
あけましておめでとうございます

例年よりも心がおちついた状態で
元旦を迎えられているような気がします。

2016年、うずらは色々なことに直面する1年でありました。
大きな何かがあったということではなく、日々の仕事の細々としたひとつひとつをみなおせたというかんじ。
物事は、こちらが受け入れられる状態であるときに、むこうからやってくるものなのかもな〜。

そんな色々も、お客様があって、作らせていただける靴があってのこと。
靴屋のうずら、お客様に支えられてるな〜と実感します。
これからも、よりよい靴が作れるように、精進します。

今朝、お客様からも年賀状が届いていました。
ほんとうにうれしいです。

2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、よい冬休みを〜

写真は先月釧路の実家近くでみた丹頂鶴3羽。

Merry Xmas

2016.12.24
メリークリスマス✨

みなさま
よい時間を〜〜

ん?

あさのさらのうえなんだなんだ
12月も末なのに
この生暖かさはなんでしょか。。。

へんなの〜〜〜

せっかくなので、家中の窓を全開にして
空気をながしています。

今朝アイフォンのカメラ越しに目に入ってきたこれが、なんだかきれいだったな〜 

げんき

tabi2016december
夏くらいから、
「たびせんせ、痩せた?」
といろんな方に言われていて、
体重は確かに少し減ったけれど、
どんどん減っているわけではないし、
健康そうではあるけどな〜という感じでおりました。

最近冬毛が生え揃ってきたのか、
丸みが出てきたような感じがする。
体重は変化なし。毛もツヤツヤしているし。
なんか安心。

一緒にいる家族、離れて暮らしている家族、大切な友達たち、みんなが健康で元気ってことはとってもとってもすばらしいことだ。
ときどき忘れそうになるけれど、げんきってだけでさいこうだよな〜