ホーム | うずら日誌 | その他, 作品 | 靴のこと

うずら日誌 -uzura diary-

靴のこと

Village Party ヒール内羽とTストラップ
昨年末の個展『UZURA Village Party』
で発表した新作の靴の納品が
続いています。

今まではぺったんこヒールの靴が多かった
うずらのオリジナルライン、mourですが
パーティーなどにも履いていけるような靴
ということでヒールの靴も作ってみました。
つみあげ1
ヒールは よく「木」って言う人がいるけれど
これは革をひたすら積み上げているのですよ。
既製靴ではプラスッチックに 
つみあげたっぽい模様がついた革をはっている
のがほとんどなのですが、それだと 
うずらとしては納得がいかない・・・
一応、てづくり靴屋だし。

しかもプラスチックと革のヒールでは
履き心地がぜんぜんちがうのです!

つみあげ2
でもこの作業、ほんとうに骨が折れるのです・・・
一枚積んで 木の釘(ペース)を打って削って形を整えて、はいもう一枚。
これを片足8枚だから 両足で16回くりかえす。
そして 全部つみおわったら、ガラスで磨き、やすりで磨きをひたすら続ける。

この作業の担当はおさむ氏でして、
みていると私まで肩がこるので、背中でその気配を感じながら 自分の作業を進めている 
そんな日々です。
がんばれ〜。今日もビールがまってるぞ〜ぃ。